So-net無料ブログ作成

秋限定スペシャルイタリア8日間 - 4 - [旅]

【2日目さらに続き】

いよいよ、ベネチアに到着・・・ではないんですね。
ベネチアはラグーナ(潟)にある島々で、車は乗り入れることができず、
交通手段は船と徒歩だけという「水の都」。ベネチア本島までツアーで貸し切りの
船で渡ります。
2017_Italy_21.jpg

そして、ベネチアは世界遺産ですが、登録名は『ベネチアとその潟』だそうです。
13〜16世紀の共和国時代の建物が建築美を競っています。
ま、歴史を語りだすと長くなるので(所詮受け売りだし[たらーっ(汗)])やめておきます。
2017_Italy_22.jpg

『ため息の橋』
2017_Italy_23.jpg
ドゥカーレ宮と牢獄とを結ぶ橋。罪人が、ため息をつきながら渡ったことから、
この名がついたといわれます(阪急交通社イタリア観光ガイドより引用)。

『サン・マルコ寺院』
2017_Italy_24.jpg
ベネチアの守護聖人である聖マルコの遺骸をおさめるために、9世紀初めに創建。
内部のモザイクは圧巻(同)。

ベネチア名物のゴンドラ。
2017_Italy_25.jpg
ベネチアに行ってこれに乗らない手はないですが(当ツアーではオプション)、
いろいろ考えて(夜なので真っ暗、寒い、雨が心配等)今回はやめました。

サン・マルコ小広場に建つ2本の塔。それぞれ頂上には聖マルコを象徴する
「有翼の獅子」像と、「聖テオドーロ」像があります。
有翼の獅子はベネチアのシンボル的な存在です。
2017_Italy_26.jpg

『リアルト橋』
2017_Italy_27.jpg

「リアルト橋からの景色」
2017_Italy_28.jpg

ベネチアと言えば「ベネチアングラス」がありますね。工房見学がツアーに組み込まれて
いましたが(もち、買い物タイムも)、かなり“いいお値段”なので、ビアグラスの一つ
も欲しかったのですがあきらめ[もうやだ~(悲しい顔)]

さて、この日のホテルは、ベネチア本島のホテルにはなかなか泊まれない・・・
なにせバスも行けないので・・・イタリア本島側のモリアーノベネトに戻り、
このツアーのウリでもある、世界のヒルトン系ホテル『ダブルツリーバイヒルトン
ホテルヴェニスノース』での宿泊。
2017_Italy_29.jpg

夕食もホテルのレストランでいただきますが、
今回はここまで。続きはまた。
Ciao!

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。