So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

初の食フェス [グルメ]

横浜は赤レンガ倉庫で開催中の『ミシュランガイド フードフェスティバル 2017 in 横浜』へ
行ってまいりました。

日本で「ミシュランガイド」が発行されてから昨年で10年だそうで、
ミシュランガイドに掲載された東京と横浜・川崎・湘南地区の15店舗が横浜に集結。
8/17~8/20の4日間にわたり開催されています。

元々はラーメンを食べに行こうと思っていたのですが、
テレビでこの「美食フェス」の情報をやっていて、あまりに美味しそうだったので、
急遽、予定を変更。天気も悪くはならないようだったので思い切って行ってきました。
2017_Yokohama_2.jpg

15店が出店していましたが、テレビで紹介されていた、東京は目黒区青葉台の『クラフタル』
(ミシュラン☆)さんの「十勝ハーブ牛のクラブサンド」(2,000円)が一番美味しそうだったので、
これをいただきました。テレビで紹介されたのもあると思いますが、このお店と『リストランテツヅキ』
(ビブグルマン掲載)の「リストランテツヅキのボロネーゼ」が大行列を作っていました。
2017_Yokohama_1.jpg

北海道十勝ハーブ牛の厚切りローストビーフとふんわりスクランブルエッグに煮込んだ牛肉が
たっぷり入った赤ワインソースとガーリックチーズのダブルソース。
お肉は柔らかくて卵はフワフワ。ソースの肉はホロホロととろけるようで、口いっぱいに
美味しさが広がります。初めは、サンドイッチが2000円かぁ~と思いましたが、
ミシュランの星を取るようなお店にはなかなか行けないし、こんな時しか食べられないと思い
奮発しました[わーい(嬉しい顔)]。思ったよりボリュームあって満足の逸品でした。

会場は座って休むようなところもないので、ここは早々と引き上げ、散歩がてら中華街まで。
ボリュームあるとは言え、二人でサンドイッチ一つはちと物足りない、ということで、
『聘珍茶寮SARIO』へ。ここは横浜中華街屈指の名店『聘珍樓』の営むカジュアルレストラン。
ご存知の通り、『聘珍樓』は高級でそうそうはいけないですが、ここなら気軽に入れます。

注文は「食フェス」では飲まなかったビールと「えびワンタン麺」。
2017_Yokohama_3.jpg

えびワンタン麺は通常700円(+税)のところ、特別価格の税込400円と超お得。
味もあっさり系の鶏スープ(多分)につるつるシコシコの細目ストレート麺。
プリプリのエビ雲吞がこれまたおいしい。

店内は落ち着いた雰囲気でゆっくりでき、窓の外には善隣門が目の前にあって壮観です。
お腹がいっぱいだし、外は暑いので店内で少しゆっくりして、次はおやつタイムです。
最近流行りのふわふわ系パンケーキを求めて、中華街のはずれにある『幸せのパンケーキ』へ。
2017_Yokohama_4.jpg

東京は表参道、大阪は梅田をはじめ全国に15店舗を展開する人気のパンケーキのお店。
一応、平日のようですが、夏休み中でもあり、さすがに混んでいました。
自分たちの前に4組ほど並んでいたようですが、20分程度で店内へ。
注文はお店の名前にもなっている「幸せのパンケーキ」。初訪問なのでやはり定番メニューを。
2017_Yokohama_5.jpg

ふわふわと言っても思ったよりしっかりしていて、『ミカサデコ』のパンケーキのように
口に含むとスッと溶けるという感じではありませんが、同じふわふわ系と言っても、
違うもんですね。ま、同じでも面白くないので、これはこれで良し。
マヌカハニーと発酵バターのホイップバターとカラメルソースのコンビネーションが良く、
パンケーキとの相性も抜群。おいD~です。人気になるだけはあります。

夕食は『てんや』へ。そう、今日18日は「てんやの日」で天丼が390円(税込)で
食べられるのです。今の季節は生ビールが300円とお得になっているので、当然注文。
生ビールと天ぷらは合いますなぁ[わーい(嬉しい顔)][黒ハート]

実は、昨日はある事情でアルコールが飲めなかったので(友人と焼肉に行ったのに
ビールが飲めなかった[もうやだ~(悲しい顔)])、今日のビールは一段と美味しかった。

ってことで、今日もまた美味しくてお腹いっぱいの一日でした。

あー、でも、もう夏休みも終わりだ・・・[あせあせ(飛び散る汗)]

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

東京食べ歩き2017・夏 [グルメ]

まいど!

じゃないでしょ[あせあせ(飛び散る汗)]

夏休み3日目ですが、既にUターンラッシュも始まっているようで[がく~(落胆した顔)]
帰省ラッシュの高速道路の渋滞も凄まじかったようです。
65kmの渋滞なんて、久しぶりに聞いた気がします。

ってことで、我が家ではこんな時は遠出はしないで、出かけても近場と決めてますので、
その前に久しぶりに東京食べ歩きに行ってきました。

まずは、「うなぎ」です。
夏はやっぱり、う・な・ぎ(ってことはないですけど)、久しぶりに外に鰻を食べに行ってきました。
お店は最近話題の入谷の名店『のだや』さんです。
TVで紹介されたり、「芸能界のグルメ王」と言われる芸人さんのお薦めだったりで、
とかく人気のようですので、ちょっと行ってみよう。
2017_Tokyo_2_1.jpg

この店のウリは「幻の鰻」と言われる、「共水うなぎ」なのですが、さすがにお値段が張ります。
ってことで、目指すは平日限定の超お得なランチメニュー。
予約もできるようですが、その場合は限定のランチメニューは注文できないとのこと。
では、早く行って並ぶっきゃない。どの程度混むのかわからなかったので、
開店(11:00)30分ちょっと前にお店に到着。一人先客が並んでいましたが、
これなら数量限定のランチも余裕で食べられそうです[わーい(嬉しい顔)]

開店15分くらい前になると、お店の人が出てきて、人数と注文を取ってくれました。
鰻は焼くのに時間がかかる(30分以上)ので、先に注文を取って焼いてくれるようです。
2017_Tokyo_2_2.jpg

続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

俺の・・・東京食べ歩き2017 [グルメ]

中国出張から戻り、そのまま突入したGWも終わり、また日常が戻ってきました。
再来週にはまた中国出張なんですけど[たらーっ(汗)]

さて、話は2か月ほど遡りますが、久しぶりに東京食べ歩き(って程ではないかも)に
行ってまいりました。この日は群馬の弟(義理の)ファミリーと東京駅で合流。
まずは東京駅で朝ごはん。以前から気になっていたお店が何店かありましたが、
今回は東京駅グランスタにある『築地寿司清』。
ご存じ築地の名店ですが、この店舗はお手頃朝食セットがあるんです。

注文は「鯛胡麻だれ(670円)」と「まかない丼(800円)」。
2017_Tokyo_1_1.jpg
2017_Tokyo_1_2.jpg

鯛胡麻だれは鮮度のいいプリプリの鯛に胡麻だれがよく絡んで、ご飯に乗せて
だし汁をかけて鯛茶漬けにすれば、朝から幸せがお口に広がります。
だし汁はおかわりもできます。

まかない丼もこんな贅沢なまかないがあるものか・・・というほど、ネタは種類も味も満足。
朝から贅沢な話です。いずれも、ちゃんムロ大好きハイコストパフォーマンスな朝食です。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

GW_2017 [旅]

昨年から続く忙しさは相変わらずで、3月から4月にかけて2度の中国出張(延べ26日)。
2度目の出張はGW前に帰国し、そのまま連休突入。出張の際の代休1日を足して
10連休と久しぶりに長い休暇。と言っても、我が家は大型連休の時は無理して出かけない
主義であります。どこ行っても混んでますしねぇ[あせあせ(飛び散る汗)]

とは言え、せっかくの大型連休だし、合間に一応平日(5/1・2)があるので、そこでちょいと
ドライブがてら美味しいものでも食べられればと思い、久しぶりに沼津へ行ってまいりました。

途中、箱根を越えたところにある『山中城跡公園』に寄ってみました。
沼津へ行くときなどに見かけて、以前から気になっていたのですが、
最近、TVで山中城のことをやって、そんな重要な城だったんだぁ、これは行ってみるべし。

山中城とは、『永禄年間(1560年代)小田原城を守る城として、後北条氏により創築され、
天正18年(1590年)、天下統一を目指す豊臣秀吉の大軍の前に、わずか半日で落城したと
言われる悲劇の城』だそうで(三島市観光情報HPより)、『石を使わない土だけの山城は
全国的にも珍しく、北条流築城術の粋を集めた「障子掘」や「畝掘」が有名です。
歴史的な面、技術的な面で評価され、「日本百名城」にも選定されています。』とのことです。

そして、これが「畝掘」。
2017_numazu_1.jpg

こちらが「障子掘」。
2017_numazu_2.jpg

ここを重い鎧を背負って抜けて行ったのですから、昔の人はもの凄い体力ですな。
しかし、このような堀を築いても、豊臣秀次率いる7万の大軍の前には成す術もなく、
わずか半日で落城したということです。

さて、思ったより見ごたえのあった山中城を後にし、いざ、沼津へ。
ここからは、20km弱ですので、順調なら30~40分で着きます。

続きを読む


気がつけば、春。 [旅]

大変ご無沙汰です。

気がつけば、季節はもう春。
前回の更新からずいぶん空いてしまいました。

昨年は仕事が忙しく、海外出張(中国だけど)も多く、なかなかブログ更新ができませんでした。
年が明けてもなかなかゆっくりできず、ここへ来てようやくちょっと落ち着きました。
とはいえ、すぐにまた忙しくなりそうなので、今のうちに。

ってことで、先日、伊豆の方へ行ってきました。
ちょうど一年前に、あの、墨田区立伊豆高原荘へ行って以来、伊東より南下しました。
そして、墨田区立伊豆高原荘閉館の悲しみに暮れて過ごした一年、ついに見つけました。
と言っても、人に聞いたのですが[あせあせ(飛び散る汗)]

埼玉県戸田市の保養所、東伊豆は白田温泉にある『白田の湯』です。
この時期、一度行ってみたかった河津桜まつりへ、と思ったのですが、
この日に限って天気が[雨]・・・[もうやだ~(悲しい顔)]
さらに、ネットで桜の開花情報も見ると、既に多くが葉桜とのこと。
残念ですが諦めてのんびり行くことにしました。

それにしても、雨模様はこの日だけ。かつては晴れ男世界チャンピオンに君臨していた
ちゃんムロも落ちぶれたものです。歳には勝てないのう・・・。

さて、朝ゆっくり目に家を出て、伊東で昼食。
久しぶりに『伊豆高原 旅の駅 ぐらんぱるぽーと』にある
『KENNY'S HOUSE CAFE』でソフトクリームを食す。
2017_izu_1_1.jpg

濃厚なチョコレート味ながら甘過ぎず、こりゃたまらん。
そして、墨田区立伊豆高原荘はどうなったかなぁ、などと考えながらさらに南下。
チェックイン時間の午後3時に『白田の湯』に到着。
2017_izu_1_8.jpg

大きくはないけど、きれいな建物。こじんまりとしていていいですな。
こういう宿の方が落ち着けて我が家好み。
この日は平日にもかかわらず満室のようです(全16部屋)。

部屋もきれいで広々。結構新しいのですかね。
この日は定員4名の部屋を予約。部屋は洋室(ツイン)、和室(定員3・4・5名)がありますが、
予約時に希望します(2名の場合は5名定員の部屋は不可)。
2017_izu_1_2.jpg

一休みして、さっそくお風呂へ。もちろん、温泉[いい気分(温泉)]です[exclamation]
泉質は塩化物・硫酸塩泉で、よく温まります。湯上り後もポッカポカ[わーい(嬉しい顔)]
浴室はそれほど広くありませんが、きれいだし、この規模の宿なら十分です。

続きを読む


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の5件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。